Blog

ホームページ制作業務にまつわるアレコレ

ホームページ制作のアレ

(短文)Web広告の専門家じゃないのか!

2009/10/30

法人化してから、あるジャンルのパンフレットが時々届くようになりました。

TVでその企業様のインタビューをみた事があるのですが、「Web広告に特化した広告宣伝に特化した、新しいコミュニケーション広告で注目の企業」だそうです。
ならなんで、こちらから要求した訳でもないのに「紙のパンフレット」を「郵送で」送ってくるのでしょう。
Web広告に特化したというのが本当なら、Webで顧客を求めるのが筋だと思うのですが。

良く、「絶対に儲かる秘密を教えます」的な情報商材がありますが、「絶対に儲かるなら、他人に教えないで自分のところでその方法をやっていればいいのに」と思うのと似たような感想を抱いております。


カテゴリ:その他

Web屋のインクジェットプリンタ選び

2009/10/27

http://www.excite.co.jp/News/bit/E1256090928297.html
こんな記事がありましたので、思わず本日2個目の投稿を。

ちなみに弊社では、ALPS→EPSON→hp→Canonと変遷を辿りまして、以来ずっと「Canon」製のプリンタを使用しております。
理由は色が綺麗とかそういう理由ではなくて、「一番インクがつまりにくいから」。
※ALPSはリボンですが

どういう事かというと、以前使っていたEPSONのプリンタは、大体二週間くらい印刷しないだけで、
インクがつまる事が多かったのです。ちょっと調べてみた限りでは、インクの質そのものの違いのようですが。
結局、最後はヘッドが詰まって買い替えになったのですが、とにかく「ヘッドクリーニング」が多かったと
記憶しております。(=インクの消耗も多くなる、という事ですね)
「インクがつまりにくい」というのは、最大の、インクを無駄にしない対策になるのです。

昔使っていたEPSONのプリンタでは、参考元の「数ヶ月に一度」の印刷では、まずヘッドがお亡くなりになると
思うのですが、今は改善されたのでしょうか?

ちなみに弊社では、印刷物も手がけている関係上、わりとプリンタも頻繁に使います。
一般ユーザーのメイン使用目的である「光沢紙(=写真をプリントする)」では、CanonもEPSONも甲乙付けがたい
品質で印刷されます。

高品位専用紙(インクジェット専用紙=分厚い顔料を塗った紙)では、EPSONのほうがやや綺麗に仕上がる
感じがしますが、例えば名刺等の「完成品」に使われる紙(アート紙)に比べると、高品位専用紙は
「綺麗すぎる」(白すぎる)ので、結局「どちらでも同じ」という事になります。


カテゴリ:その他
次のページへ ≫
Web制作のお問い合わせ
Back
follow us in feedly

331-0825 埼玉県さいたま市北区櫛引町2-574-2 アートラボ株式会社