Web Design

コーポレートサイトからECサイトまで、ホームページの「目的を達成する」デザインを創ります。

動きをつける

ホームページは基本的に動きがないものですが、製品の魅力を伝えたり、また、静止画では伝えられない事がある時は、ホームページに「動きをつける」という方法がございます。

Flashムービー

動きをつける方法はいくつかありますが、昔からある代表的な技術が「Flashムービー」です。
上に貼り付けてあるのが、Flashムービーのサンプルです。
(ご注意:スマートフォン、タブレットPCのお客様はFlashが再生できません(機器がそもそもFlash対応していないため))
Flashムービーは、いわゆる本格的な「映像」というよりは「アニメーション」に近いものになります。
近年は下火になりつつある技術です。

主なメリットとしては、

  1. 普通のページ構造では難しい、大量のメニューの整理・表示が可能になる
  2. 製品や企業に高級感を持たせ、ブランドイメージアップ
  3. 複雑なアニメーションが実現できる

などがあります。

デメリットとしては

  • ユーザーがブラウザのセキュリティを高めていると、表示されない事がある
  • Flash内の文章は、一部検索エンジンによっては検索対象にならない事がある
  • スマートフォン、タブレットPC(OSがiOS、またはAndroidで2012年夏以降発売のもの)では全く表示されない

というのが挙げられます。

プロモーション動画製作

Flashと違い、こちらは本格的な映像作品になります。
例えば、生の声を届けたいインタビューや、ミュージッククリップの配信、授業の様子の配信など、本格的な映像配信にお使い頂けます。

メリットとしては、

  1. 出演者の生の声や、観光地の風景・PR等、静止画ではどうしても伝わりきれない魅力をお伝えできる

などがあります。

デメリットとしては

  • 容量が大きいので、見る人によっては、データ読み込み時間・パケット量の負担がかかる
  • 取材・コンテ・ディレクション等専門チームが必要になるので、制作費が高額になる。

などがあります。

アートラボでは、専門の映像制作会社とツテがございますので、専門的な映像作成を含んだ件もお引き受けする事が可能です。

Jquery/CSSアニメーション

こちらは上記2つとは違い、外部ファイルを使わずにブラウザーの機能だけで動きをつけます。
よくある例として、写真が何枚かスライドして切り替わるアニメーションは、大抵jqueryの機能で作られています。
弊社ホームページの上や左に表示されているメニューや大きな画像の動きは、全てjqueryの機能(動きの骨子)とCSS3アニメーション(画像部分) で出来ています。
近年では「動きをつける」簡単な方法はこちらが主力となっています。

メリットとしては、

  1. 一般的に読み込みが早い。(モノには限度がありますが…)
  2. Flash非対応のスマートフォンでも普通に表示される
  3. メニュー部分の表示など、制作コストが安い(簡単なものなら追加料金は頂きません)

などがあります。

デメリットとしては

  • 対応ブラウザが限定される(IE8以下(厳密にはIE10以下)は対応していないと思って頂いたほうが宜しいです。)

などがあります。

Web制作のお問い合わせ
Back

331-0825 埼玉県さいたま市北区櫛引町2-574-2 アートラボ株式会社